ユーザ用ツール

サイト用ツール


raspi_iot:閲覧機能を追加

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
raspi_iot:閲覧機能を追加 [2019/04/02 20:57]
hirohito [インデクスページの作成]
raspi_iot:閲覧機能を追加 [2019/04/06 12:39] (現在)
hirohito
ライン 279: ライン 279:
 </​code>​ </​code>​
  
-軸ラベルについて、これは「何時」のデータであるかを知りたいので、ラベル用配列に「時」だけを適切な間隔で入れておき ​set_labels メソッドに指定します。+軸ラベルについて、これは「何時」のデータであるかを知りたいので、ラベル用配列に「時」だけを適切な間隔で入れておき ​labels アトリビュートに指定します。
  
 <code ruby> <code ruby>
ライン 287: ライン 287:
  
 graph.x_axis.interval = 60 graph.x_axis.interval = 60
-graph.x_axis.set_labels( ​labels ​)+graph.x_axis.labels ​= labels
 </​code>​ </​code>​
  
ライン 381: ライン 381:
       graph.y_axis.at_labels[:​format] = "​%.0f"​       graph.y_axis.at_labels[:​format] = "​%.0f"​
       graph.x_axis.interval = 60       graph.x_axis.interval = 60
-      graph.x_axis.set_labels( ​labels ​)+      graph.x_axis.labels ​= labels
       @trend_p = graph.draw_buffer()       @trend_p = graph.draw_buffer()
     end     end
ライン 393: ライン 393:
       graph.y_axis.at_labels[:​format] = "​%.0f"​       graph.y_axis.at_labels[:​format] = "​%.0f"​
       graph.x_axis.interval = 60       graph.x_axis.interval = 60
-      graph.x_axis.set_labels( ​labels ​)+      graph.x_axis.labels ​= labels
       @trend_t = graph.draw_buffer()       @trend_t = graph.draw_buffer()
     end     end
raspi_iot/閲覧機能を追加.txt · 最終更新: 2019/04/06 12:39 by hirohito