ユーザ用ツール

サイト用ツール


prog_cgi:ページジャンプ

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
prog_cgi:ページジャンプ [2019/03/04 09:29]
hirohito
prog_cgi:ページジャンプ [2019/03/06 19:20] (現在)
hirohito
ライン 64: ライン 64:
 http://​localhost:​10080/​index.rb?​ctrl=my_hello http://​localhost:​10080/​index.rb?​ctrl=my_hello
  
-{{prog_cgi:ss_pj_index.png?​nolink|}}+{{prog_cgi:pj_index.png?​nolink|}}
  
 左のリンクをクリックすると action_foo が、右のリンクをクリックすると action_bar が実行されるページへジャンプします。そこでそれぞれのアクションが実行され、画面の表示が変わります。\\ 左のリンクをクリックすると action_foo が、右のリンクをクリックすると action_bar が実行されるページへジャンプします。そこでそれぞれのアクションが実行され、画面の表示が変わります。\\
 ジャンプ先の画面で【デフォルトへ」のリンクをクリックすると、元の画面(action_index)にジャンプします。 ジャンプ先の画面で【デフォルトへ」のリンクをクリックすると、元の画面(action_index)にジャンプします。
  
-{{prog_cgi:ss_pj_foo.png?​nolink&​400|}} +{{prog_cgi:pj_foo.png?​nolink&​400|}} 
-{{prog_cgi:ss_pj_bar.png?​nolink&​400|}}+{{prog_cgi:pj_bar.png?​nolink&​400|}}
  
 この例では、index.rhtmlで、href へ make_uri(action:"​foo"​) もしくは、make_uri(action:"​bar"​) を使って、指定のアクションを呼び出すURLを生成して指定しています。 この例では、index.rhtmlで、href へ make_uri(action:"​foo"​) もしくは、make_uri(action:"​bar"​) を使って、指定のアクションを呼び出すURLを生成して指定しています。
ライン 95: ライン 95:
 </​code>​ </​code>​
  
-{{:​prog_cgi:​ss_pj_button.png?​nolink|}}+{{:​prog_cgi:​pj_button.png?​nolink|}}
  
  
ライン 120: ライン 120:
 </​code>​ </​code>​
  
-{{:​prog_cgi:​ss_pj_redirect.png?​nolink|}}+{{:​prog_cgi:​pj_redirect.png?​nolink|}}
  
 処理の流れは以下のようになっています。 処理の流れは以下のようになっています。
prog_cgi/ページジャンプ.txt · 最終更新: 2019/03/06 19:20 by hirohito