ユーザ用ツール

サイト用ツール


alworker:start

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

alworker:start [2014/11/17 21:54] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +====== AlWorker ​ ワーカー ======
 +
 +===== 概要 =====
 +
 +基本的には、常駐して外部からのリクエストを受け付けるサーバー(デーモン)を作る時のフレームワークです。\\
 +また、クライアントとしての機能も備えており、同サーバーと連携して動作するシステムを実装することができます。\\
 +イベントドリブンで動作します。ユーザープログラムはイベントハンドラとして記述し、フレームワークがそれを呼び出します。イベントハンドラは、同期的または非同期的に呼び出されます。\\
 +ステートマシンを直接サポートします。\\
 +
 +
 +===== 機能 =====
 +
 +  * [[基本機能|基本機能(常駐、pidファイル作成、二重起動の阻止)]]
 +  * [[クライアントの作成]]
 +  * [[ロギング]]
 +  * [[値の保持・提供]]
 +  * [[タイマー]]
 +  * [[IPC プロセス間通信]]
 +  * [[TCP/​IPサーバー]]
 +  * [[ファイルデスクリプタ]]
 +  * [[ブロードキャストメッセージ]]
 +  * [[番号付きメッセージキュー]]
 +  * [[外部プログラム実行/管理]]
 +  * [[ステートマシン]]
 +  * [[アイドルタスク]]
 +  * [[デバッグ]]
 +
 +
 +===== ウェブブラウザとの協業 =====
 +
 +  * [[JavaScriptからIPCをコールする]]
 +  * [[サーバーからの情報を画面に表示する]]
 +
  
alworker/start.txt · 最終更新: 2014/11/17 21:54 by hirohito