ユーザ用ツール

サイト用ツール


alworker:ipc_プロセス間通信

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

alworker:ipc_プロセス間通信 [2014/07/01 11:41]
127.0.0.1 外部編集
alworker:ipc_プロセス間通信 [2019/03/21 19:32] (現在)
hirohito [解説]
ライン 66: ライン 66:
 ===== 解説 ===== ===== 解説 =====
  
-サーバーは、AlWorkerを継承したクラスに "​ipc_"​ をプレフィックスとして付与したメソッドを定義すると、フレームワークにIPCコマンドのイベントハンドラとして認識されます。\\+サーバーは、AlWorkerを継承したクラスに "​ipc_"​ をプレフィックスとして付与したメソッドを定義すると、AloneIPCコマンドのイベントハンドラとして認識されます。\\
 クライアントは、AlWorker::​IPC.openメソッドでサーバーに接続し、call メソッドで IPCコールを行います。 クライアントは、AlWorker::​IPC.openメソッドでサーバーに接続し、call メソッドで IPCコールを行います。
 サーバー/クライアント間のパラメータ送受は、Hashを使います。\\ サーバー/クライアント間のパラメータ送受は、Hashを使います。\\
alworker/ipc_プロセス間通信.txt · 最終更新: 2019/03/21 19:32 by hirohito